憧れの介護職になるには介護福祉資格一覧比較

介護や福祉の資格って何がある?何が良いの?一覧のなかからしっかり選ぼう

*

柔道整復師とはどんな資格なのか?

   

スポンサーリンク

すでに介護職につかれている方
資格・経験を生かして好条件で転職
介護専門求人サイトかいご畑

これから介護職への就職転職を考えているかたへ

柔道整復師とはどんな資格なのか?

柔道整復師という資格をご存知でしょうか?聞いたことがあるという方はあまりいないかもしれませんが、柔道整復師の資格は法律などに基づいて実施される資格される資格である国家資格になります。国家資格は社会的信用も高いですので、この資格を取得すれば一定以上の知識や技術を持っているのだということを証明することが出来ます。

 

国家資格というと弁護士や医師、税理士などを思い浮かべる方が多いと思いますが、そのほかにもさまざまなジャンルの資格があります。国家資格の有無は職業によってさまざまで、資格がなくても業務に携わることが出来る職業などもあります。その一方で弁護士などのように弁護士という資格を持っている人しかその仕事をすることが出来ないという資格もあります。

 

柔道整復師も同じで、柔道整復師という資格を持っている人でないと柔道整復師と名乗ることは出来ません。国家資格を取得した人だけが接骨院や病院などで柔道整復師として仕事をすることが出来るのです。

 

また、柔道整復師の資格を取得すればいつか開業をすることも出来ます。現在数えきれないほどのいろいろな資格がありますが、資格にはその仕事をするために必須のものや、職業上の地位を保障されるものなどそれぞれに性質や特徴があります。柔道整復師という資格は、国家資格ですので取得すれば施術に必要な知識と技術を持っている証明をすることが可能になります。それと同時に社会的な信用を得られることも出来るでしょう。国家資格を取得することにより、柔道整復師として独立開業する権利も得ることが出来るのです。

 

医療に従事する仕事というのは、命にかかわるということもあり法律で規制されていることも多いです。そのため、資格を持っていてもその技術や知識を病院内だけでしか活かせないということも多いですが、柔道整復師は資格があれば開業することが出来ますので、自分で開業をして地域医療の一端を担うことも可能な職業です。もちろん開業せずに仕事をすることも可能です。

 

柔道整復師の国家資格を持っていなくても施術助手としてであれば接骨院などで仕事をすることは出来ますが、補助をするだけで患者さんの治療を行うことは出来ません。治療を行うのであれば国家資格が必要となります。少し前までは資格を持たないで治療を行っている人も少なくなかったようですが、現在は資格を持たずに治療を行っていたり、そのような人を雇っている病院は摘発されるようになっています。当然と言えば当然なのですが、厳しくなってきていますので柔道整復師として仕事をしたいのであれば国家資格の取得は必須であると言えるでしょう。

 

柔道整復師は患者の身体に直接触れる仕事で、健康に深くかかわってくるために高い知識と技術が必要となります。国家資格を取得するためには、その前に柔道整復師専門学校か大学を卒業しておく必要があります。学校を卒業した後に柔道整復師国家試験を受けて合格することで資格を取得することが出来ます。

 

資格取得までの道のりも資格取得のための勉強も簡単ではありませんが、国家資格というのは一生ものの資格です。1度取得すればさまざまな場面で役立ってくれます。意外かもしれませんが、柔道整復師というのは活躍の場がとても広いです。これもこの職業の魅力の1つなのですが、柔道整復師の国家資格を取得しておくと、いろいろな場所で働くことが可能になります。

 

 

 

 

 柔道整復師の資格を取るとどんな仕事につけるのか?

柔道整復師の資格があればどのような仕事をすることが出来るのでしょうか。まず、柔道整復師の仕事に就くためには国家試験を受けて合格し、資格を取得しなければなりません。資格を取得すれば接骨院や整骨院などで仕事をすることが出来ます。実際に柔道整復師の資格を持っている方の多くは接骨院や整骨院で仕事をしている方が多いです。ですが、資格があれば常勤者として働くのではなく、整骨院や接骨院を自分自身で開業することも出来ます。

 

柔道整復師というのは医療従事職といわれる職業になります。医療従事職と言われる職業にはさまざまなものがあります。医師はもちろん、看護師、歯科医師、理学療法士、作業療法士、はり師、保健師、あんまマッサージ指圧師などそのほかにもさまざまな種類の職種があります。

 

ですが、医療従事職には独立開業が可能な資格と、病院内でなければ技術を活かすことが出来ない資格があり、ほとんどは病院内でしか技術を活かすことの出来ない資格になります。医療従事職の中でも独立開業を行うことの出来る数少ない資格が柔道整復師なのです。

 

ですが、簡単に開業出来るわけではありません。独立開業出来るからこそ難しい職業であると言えるかもしれません。知識はもちろん、経験もたくさんつまなければなりませんので、資格を取得したからと言ってすぐに開業したりすることは出来ません。

 

独立開業がすべてではありませんので、独立開業を目指さずに整骨院や病院の整形外科で仕事を続ける柔道整復師の方もたくさんいます。病院で仕事をする場合は、医師や理学療法士の指示でリハビリや整復補助の仕事をすることになります。そんな時柔道整復師は損傷した部分を見るだけでなく、患者さんの体の様子を見て施術をしていきます。

 

しかし、最近は病院意外で仕事をする柔道整復師の方も増えてきています。柔道整復師が活躍出来る場は年々増えているのです。例えば有名選手などのお手伝いをするスポーツトレーナーとして、護保険関連施設やスポーツ関連施設、教育機関などでも仕事をすることが出来ます。

 

以前は柔道整復師というと、このリハビリを行う人が最も多かったのですが、最近ではリハビリを行うだけでなく内科など整形外科以外で働く柔道整復師も増えてきています。しかし、いずれの場合でも患者さんとの信頼関係がとても大切な職業になります。信頼関係が成り立っていないと治療もうまくいきませんので、コミュニケーションを取りながら信頼関係を築いていかなければなりません。

 

柔道整復師の資格を取得する難易度

柔道整復師になりたいと考えた際に気になるのが資格取得の難易度だと思います。柔道整復師は国家資格になりますので、まずは国家試験を受けるための資格を取得しなければなりません。国家試験を受験するために条件を満たさなければならないのです。

 

部科学大臣の指定した学校、または厚生労働大臣の指定した柔道整復師専門学校か大学で、柔道整復師となるために必要な知識および技術を3年以上学ぶか必要があります。専門学校や大学で、解剖学、生理学、運動学などの基礎系科目と、柔道整復理論、柔道整復実技などさまざまなことを勉強して、柔道整復師に必要な知識と技術を先にある程度身につけておかなければならないのです。学校に在学している際に知識や技術と同時に柔道の理念などについても学びます。そして、無事に学校を卒業することが出来れば柔道整復師国家試験を受験する資格を得られることが出来ます。試験は全11科目の筆記試験で、いろいろな県で行われていますので、自宅から1番近い試験会場を選んで受験するようにしてください。

 

柔道整復師は国家資格です。国家資格と聞くとかなり何度が高いと思う方が多いのではないでしょうか。確かに医師などの試験は非常に難易度が高いです。ですが、柔道整復師は国家試験の中でもまだ比較的合格率が高い試験です。柔道整復師の国家試験は平成4年から行われているのですが、試験が開始された最初のころの合格率は90パーセントを超えるほど高かったと言われています。そのように聞くとかなり難易度が易しいように思いますが、その時の受験数は現在の6分の1ほどであったため、合格率も今より高かったと言えます。

 

現在の柔道整復師の合格率は70~80パーセントになります。昔に比べると合格率は少し下がっていますが、国家資格の割には非常に高い合格率を誇っています。年によって多少の波はありますが、合格出来ないほどの難しさではありません。国家資格ですので、国家資格の試験資格を得るためにも時間がかかりますし、決して簡単な道のりではありませんが、対策を行ってしっかり勉強をすれば合格も難しくないと言えるでしょう。目標を持ってしっかりと勉強するようにしてください。

 

受験者のうちの80パーセントは新卒であることから養成校や大学卒業後にすぐに受験しているケースが目立ちます。その方が合格率も高くなる傾向にありますので、出来れば新卒のうちに受験しておくことをおすすめします。

 

平成22年度に一度受験者が減ったことがありましたが、以降は少しずつ受験者が増えていっています。柔道整復師を目指す人が増えているということは、柔道整復師の人数も増えていくということです。そのため、いつまでも難易度が比較的易しいというこの状況が続くとは限りません。柔道整復師の国家試験の難易度が今後上がる可能性も多いにあります。今後もこの合格率が続くかどうかは分かりませんので、早めの資格取得をおすすめします。

 

また、柔道整復師というのは将来性も期待出来る資格です。実績や経験を積むことで独立開業を行うことも出来ます。安定した仕事としても人気がある職種ですが、今後柔道整復師がさらに増えていけば、ライバルが増えて独立開業も難しくなってくることが考えられます。

 

 

 

 - 柔道整復師